インプラント 渋谷の口コミ評判には必ず理由があります!!

医療控除

信頼のインプラント治療-医療控除

インプラントも医療費控除の対象になります

医療費控除とは確定申告の時に申告できる所得控除のひとつで、生計をひとつにする家族が前年一年間(1月1日~12月31日)に支払った全ての医療費(各種保険診療、インプラント・矯正治療などの自費診療)の合計が10万円を超えた場合に、支払った所得税の一部が控除され戻ってくるというものです。

医療費控除の申告の期間は、翌年の2月16日から3月15日までで、管轄の区役所・市役所・税務署などで受付けており、現在は郵送やインターネットでの申告も可能です。
インプラント費用も申告可能

医療費控除の対称となる医療費には、各種病院や診療所で支払った保険診療の治療費だけでなく、インプラントなどの自費診療の費用や治療に必要なその他の費用も含まれます
注意が必要なのは『治療に必要な費用』ということで、治療の必要がなく完全に審美目的で行った場合の費用は対象外ということです。

条件は2つだけです

  • 本人または家族(生計をともにする配偶者やその他の親族)のために支払った医療費であること。
  • その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。

交通費も通院費も控除の対象に
原則として治療のための通院費、病院までの交通費も控除の対象となります。
日時・病院名・交通費・理由などを控えておきましょう。
ただし、車で通った場合のガソリン代、駐車場代は控除の対象となりません。
子どもが小さいためお母さんが付添わなければ通院できないようなときは、お母さんの交通費も通院費に含まれます。

医療費控除には領収証が必要

医療費控除の申告には、領収書の添付または提示が必要です。
支払った医療費が高額な場合などは、医療費の明細書も必要です。

領収書が発行されないバスや電車などの公共交通機関の場合は、メモ書きでも大丈夫ですが、診察券の日付などある程度明確な記録が必要です。

インプラント費用などの未払い分は対象外となります。

医療費控除の計算式

(実際に支払った医療)-(保険金などで補てんされる金額)-10万円
※その年の所得合計額が200万円未満の場合はその5%
対象金額(最高額は200万円)






最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional